Volkswagen
フォルクスワーゲン倉敷 VW正規ディーラー

エンジンオイルイメージ

エンジンオイル

イメージ

フォルクスワーゲンはエンジンオイルにも「ロングライフ」を追求しました。

これまでエンジンオイルの交換サイクルは3,000~5,000km、もしくは3~6ヶ月が適当だといわれてきました。フォルクスワーゲンが実現した「ロングライフ」とは、エンジンや環境のために高性能を長く維持するものです。ロングライフ エンジンオイルは基本性能が極めて高く、それが長距離にわたって維持されるので、エンジン本来の性能をフルに発揮し続けることができます。そして、オイル交換の手間と負担を軽減するとともに、交換による廃棄オイルを減らせるので、環境保全と資源の有効活用にも貢献します。エンジンにも環境にも優しく、オーナーである人にも優しいフォルクスワーゲンのロングライフオイル。これからの時代の常識になるでしょう。

ロングライフの純正エンジンオイルは、実に多くのメリットをもたらします。

エンジンオイルの走行距離に対する劣化イメージ

画像を拡大する

フォルクスワーゲンの純正エンジンオイルは、高性能オイルのトップメーカー・カストロール社と共同で、エンジンとともに専用開発されたもの。公的機関が定めた規格とは別に、独自の厳しい「VW504」規格で開発されています。100%化学合成オイルならではの高い品質を誇り、優れたエンジン保護性能を実現。燃焼効率、燃費、クリーンな排ガス性能に優れたフォルクスワーゲンのエンジンに欠かせない存在です。そして、ロングライフ規格により、最長で2年または30,000kmまで交換を不要にしました。その間は定期的に減少分を補充すれば良く、交換や補充の時期は車載のコンピューターが判断して知らせてくれます。フォルクスワーゲンのロングライフ エンジンオイルは、全国の正規ディーラーで交換・補充が可能です。

※ 一部VW504規格エンジンオイルに対応していないモデルがあります。

エンジンオイル交換方式の比較

ロングライフサービスと一般的なオイル交換方式との比較イメージ

フォルクスワーゲンの推奨タイヤは、各モデルの性能を余すところなく引き出します。

正規ディーラーが取り扱うフォルクスワーゲン推奨タイヤは、各モデルの特性に最もマッチするもの。適合サイズはもちろんのこと、フォルクスワーゲンの基本性能を余すところなく引き出せるかどうかが重視されます。そのため、安全性、快適性、許容最高速度などのさまざまなテストを実施。合格した製品だけが推奨タイヤとして選ばれています。推奨タイヤは乗り心地や燃費・環境性能をはじめ、ハイレベルな特長を持った製品を揃えており、静粛性、耐久性、スポーツ性能など、あなたのニーズに合わせた選択が可能です。さらに、正規ディーラーでは製品選びや交換時期など、お客様に適切なアドバイスを行なっています。ぜひお近くの店舗で、快適なカーライフのため早めに交換してください。

純正エンジンオイルのメリット

  • 専用開発により、フォルクスワーゲンのパフォーマンスを的確に引き出す。
  • エンジンを保護し、優れた燃焼効率、燃費、クリーンな排ガス性能を維持。
  • 画期的なロングライフにより、高性能を長く発揮。
  • オイル交換の回数を削減して、経済性と効率性を向上。
  • 廃棄オイルを減らせるので、環境にも配慮。
  • 補充・交換時期は車載コンピューターが判断してお知らせ。
エマージェンシーアシスタンス

エマージェンシーアシスタンス

万一の緊急時には365日24時間体制でしっかりとバックアップします。

詳細はこちら